なぜか言葉がつっかえる?どもりの原因とは

なぜか言葉がつっかえる?どもりの原因とは

子供の頃から緊張すると言葉が上手く出てこない、流暢に話すことができない、頭の中ではちゃんと話せているつもりでも、周囲がクスクス笑うので話すのが怖くなるなどの症状は一般的に「どもり(吃音)」と言われています。どもりを治したいどもり 原因で検索!

 

 

どもりには先天性のものと後天性のものがあり、先天性の原因では、舌の神経系統や脳の言語分野に障害があることで起こります

 

後天的なものの原因は、外部との接触がない、いわゆる引きこもりの生活が長かったせいや、精神的な病が原因で言葉が上手く出なくなることがあります。

 

軽いどもりでも周囲や本人にとっても困りものですが、あまりにもどもりがひどい場合には、精神的に病んでしまうことにもつながりますが、どもりはコミュニケーション障害の一種ですので、じっくりと訓練すればどもりの症状を軽くしたり、なくすことも可能です。悩む前にどもり 原因←こちらをご覧ください

 

 

まず、どもりを恐れず無理しない程度に自分から人に話しかけるようにし、人の話に耳を傾けながら、ゆっくりと話をするようにしたり、状況が許すなら言語聴覚士に訓練を依頼する事が一番の近道になります。